ECサイト構築とゲーム作り

就職活動というものは、その後の人生を左右する非常に大変なものです!

もちろんそれは、ゲーム業界への就活も例外ではありません
むしろ、目指す人が多い分、他の業界よりも大変です。

077086

●どのように大変なのか
ゲームクリエイターを目指す人に求められていることは、独創性や、アイディア力です。

それは、他の人と、明確に差がなくてはなりませんし、入りたいと思う会社に求められるものでなくてはなりません。

「センス」という、測りにくいもので、自分の能力を判断されるという意味では、対策のしようもなく、就職活動が大変なものになるでしょう。

●ゲーム業界への就職を決めるための努力
ゲーム業界で就職するためには、人よりも勉強し、色々な体験をしておくことです。

目指す業界は、就活が始まる前までには決めておくべきです。

なぜなら、そこまでに資料作りをしたり、経験を積むことができるからです。

例えば、ゲーム業界への就職であれば、

・自分なりにゲームを何本か作ってみて、それをイベントで発表したり、売ってみたりする
・各社のゲームをプレイして、その違いを比較する
・アニメやマンガを見て、それをゲームにできないか検討して、実際に作ってみるなど、就職して働き始めた後のことまで考えた活動が必要になるわけです。

これらのことをするためには、知識の下地が必要ですよね。

なので、学校に通い、しっかりと身に付けましょう。

●ゲーム作りを学べる学校へ
ゲーム作りを学べる学校で勉強をすることで、ゲーム内部の構造や、業界のことを詳しく知ることができるためオススメです。

素人でも、イチからプログラミングやデザインを教えてくれます。

1年間に3本程度、他の学生たちと協力してゲーム作品を作ることもあります。

もちろん、そのゲーム作品に関しては、プロとして現場で活躍している人から評価を受けることができます。

企画からストーリー、デザイン、プログラミング、全てを学生で請負ます。

一足先に、プロの仕事の流れを味わうことができるわけです。

そんな学校に通っていた人と、ゲームに関係のない学校に通っている人と比べて見ると、いい深い経験をできるわけですから、就活には強いはずです。

●就活が始まったら
自分の中で目標を定め、合格するまで受け続けましょう。

面接慣れすることが大事なので、志望する企業の面接までにいくつかの企業の面接をこなしておくことが必要です。

そして、受ける会社のゲームのことは調査して、やりこんでおきましょうね。

ゲーム開発をしている人なら、自分で作ったオリジナルゲームを売りたいと考える人もいるでしょう。
そういった際にはECサイトでオリジナル商品を売るという方法があります。
ECサイトでは誰でも簡単に始めることができますが、より高い売上を狙うのであればプロの力を借りてSEO対策から魅力的なレイアウト等も必要になってくるところです。
ECサイト制作・構築のSEOは売上アップには欠かせない施策なので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

ECサイトの構築については基礎知識をまとめた本やサイトがいくらでもあるので、業者に依頼するにしてもこのポイントだけはきちんと抑えておくべきでしょう。
タイトルタグは適正なワードが入っているか、h1はコピーになっていないか、ディスクリプションは他のサイトと被っていないか、ユーザーが利用しやすい構築になっているか。
自分でもソースは見ることができますし、どこに何が入っているかもサイト内検索でわかりやすく表示されるので、普段からどんどんソースを覗いて構築について詳しくなると良いでしょう。
WEB担当がWEBに関して理解してしまえば会社内で施策ができてしまうので、外注しなくて済むならそれに越したことはないでしょう。
そこまでいかなくても、構築についてどのようにサイトができているかの基礎の部分は少なくとも知っておきましょう。

ECサイト構築とソースの理解