ゲーム制作会社で働きたい

ゲームの専門学校を卒業してからの就職先は、主なゲーム制作会社です。
多くのライバルとの争いで、就職内定を掴み取るわけですが、学歴というものがどの程度左右するかについてお話したいと思います。
高卒、専門卒、大卒、で争うわけですが、制作の職に就きたいのならあまり学歴は関係ありません。
大手ならば、制作のプロを育てるマニュアルや資金があるので、若干大卒が有利に働くことがありますが、他の中小企業は育成にかける資金がありません。
というよりも、そこに資金をかける必要性がないのです。
育成に資金をかけるなら、制作に注ぎ込み、よい作品を作るということです。
では、何が一番大切なのか、それは実績です。
学生であろうと、ニートであろうと、社会人であろうと、面白い売れたゲームを作った実績があれば就職することができます。
しかし、「どのように実績を積み上げたらいいのかわからない」という人は学校に入りましょう。
大手に行きたいなら大学に、ともかくゲームが好きで作りたいのなら専門学校に、自分で実績を積み上げられる人は高卒でもかまわないと思います。
大事なことは、実績です、自分で動き出さなければ何も始まりません。
大手であっても、実績さえあれば学歴も飛び越えられると思うので、がんばって面白いゲームを作りましょう。

分野に絞ったエントリーシート

エントリーシート作りは自分のやりたい分野に絞るようにしましょう。

これは常識的なことですが『エントリーシートで書かれていることが矛盾している』ということはよくあること。

企業の採用担当者は何がしたくて、採取的にはどういったところまでやりたいかが気になるところです。

『どこでもいいので働かせてください』というのでは採用してもらえるわけがありませんよね。

なのでゲームプランナーになりたいのであれば『こういったゲームが作りたい』など、具体的な情熱をエントリーシートに明記しましょう。

それに合わせて具体的なポートフォリオも提出すればまず面接してもらえます。

エンターテインメント系の職業には『好きだから』という文言がよく使われますが、これは避けた方がいいでしょう。

単純すぎて話にならず、それを見ただけで不採用にするのは常識です。

エントリーシートの書き方は作品作りと思って愛情を注ぎましょう。

場合によっては形式や書式から外れても構いません。

もちろん丁寧に書かれていることは前提としてありますが、自分の熱意が伝わるように書くことがポイントです。

ゲームをプレイする仕事があるって本当!?

ゲームをプレイする仕事は本当にあります。

デバッカーといって「ゲーム内にバグがあるかないか」「コマンドしてみておかしなところはないのか」をチェックする仕事です。

ゲームをひたすらプレイするのはゲーム好きにはたまらない仕事に思えますが、ひたすらプレイして正常に動作するのか確かめるのは根気のいる仕事です。

しかも実際に遊ぶこともしますが場合によっては地味な作業を続けることがあります。

たとえばアクションゲームなどでは、キャラクターを壁にぶつけて背景グラフィックの外側に出てしまう個所はないのか調べます。

これは衝突判定(コリジョンチェック)と言い長い場合では、一日の労働時間すべてをこの作業に費やすことがあります。

”遊びながら”仕事するというイメージはやはり夢の話のようです。

プレイすることはあっても仕事という邪魔者がいます。

ですが世の中に無駄な仕事なんてありません。

最新ゲームの情報をいち早く知ることができます。

運が良ければ自分の大好きな作品の最新作をプレイすることもあるかもしれません。

前向きに考えれば楽しくなるのかもしれません、よ。

楽しくゲームを作る

プロとしてゲーム制作が出来るまでの道のりは遠く、一つ一つ地道に勉強していく必要があります。

専門性の強い分野なだけあって、挫折することは多々あります。

いきなり本格的なゲーム制作を始める前に、ゲーム作りを楽しく始めたい人のために作られたツールがあります。

RPGツクールというのをご存知でしょうか。

プログラミングのような本格的な技術は一切使わず、キャラクターやグラフィック、音楽を自分好みに設定することでゲーム作りを楽しむといったもので、古くはスーパーファミコンの時代から始まりました。

専門学校へ行くためにモチベーションを高めるのにも役立つでしょう。

物語の構成やゲーム作りに必要な要素を意識するためのトレーニングにもなるでしょう。

このRPGツクール以外にも、シナリオを入力するだけでゲームが作れるものや、上級者向けの本格的なものまで、ゲーム作りを楽しく出来るような時代になってきています。

趣味でゲーム作りを楽しみたい人にも人気の高いツールです。

ゲーム業界への就職は難しい!?

ゲーム業界への就職について調べていると、結果として、「かなり難しい、覚悟をしなければならない」といった意見が多いように感じます。

それは、本当なのでしょうか?

確かに、よっぽどの大手でない限り、採用人数は5名ほどで、その枠の中に入るのはとても難しいと思います。

しかし、最初から諦めることもできません。

どのようにすれば、内定に近付くのかを書いていきたいと思います。

・一番大切なのは学校選び
ゲーム業界に就職すると決めているのであれば、ゲームのことを勉強できる学校に入りましょう。

そこでは、しっかりと実習の時間があるため、どんな素人でも1回は、作品作りに携わります。

そして、就職の対策をしてくれるので、入りたい業界が決まっている人にとっては、非常にいい環境です。

・アルバイトやインターンをこなす
学生時代から、現場を見ておきたいということでしたら、アルバイトやインターンをすることです。

学校に募集が来ていたり、人材募集サイトで発見します。

アルバイトに関しては、学生不可のところが多いため、探すのに苦労するかもしれません。

プログラミングを学んでいると強い!?

ゲームのプログラミングを学んでいる人は、他の業界で活躍できる可能性もあるため、強いです。

ゲームの開発とは別に、パソコン関係の会社で働くこともできるからです。

手に職を付けておくということが、今の時代を生きる上では非常に重要なものになってくるはずです。

プログラマーは、プログラムを組んでシステムを動かし、その動作確認テストや負荷テストをして、そのシステムがきちんと動くかどうかを確かめています。

プログラマーになった人は、プログラミングを組みたい人ばかりなので、テストばかりやらされて、心が折れる人も少なくありません。

しかし、それも新人のやらなきゃいけないことだと割りきって頑張ってください。

アルゴリズムを理解し、そのアプリケーションがどうやって動いているのかの理解をしなければなりません。

プログラミングは、詳しい本も情報サイトもあるため、自分で勉強しようとすればできるはずです。

ただ、学校に通って順序立てて教えてもらった方がわかりやすいことには違いがありませんよ。

ゲーム業界への就活で必要なこと

就職活動をする時に、お辞儀の仕方、敬語の使い方、扉の閉め方など、一般常識的な部分を気にしている人が多い気がします。

就活において、もっとも気にすべき部分は、その会社で、何をしたいか、なぜ、そこなのかです。

そして、その企業に入るまでにどんなことをしてきたのかをアピールしましょう。

これが、就活において難しい部分ですよね。

ゲーム業界に入りたいのであれば、毎年、何本ものゲームをしておくべきです。

面接では必ず、「最近プレイしたゲームは?そのゲームの良かった点・悪かった点は?」「私たちの会社のゲーム、何かしたことある?感想は?」などと聞かれます。

その質問への対応は、必ずいくつか持っておくべきです。

ゲーム業界が本当に求めている人材とは、何かの分野で人よりズバ抜けている人です。

平均していいという人よりは、どこか一つがズバ抜けていいという人が欲しいのです。

それは、面接やペーパーで伝わると、人事担当者は言っています。