就職時の注意点

ゲームプログラマーや作り手としてゲーム会社に就職したいと思った時に注意するべき事があります。

それはメーカーへの履歴書もしくは面接で、その会社の「○○という代表作を自分も作りたい」といってはいけないということです。

これはメーカーから見ると「新しいヒット作を作りたいのに過去のヒット作に固執している」と思えるからです。

新入社員には常に新しい新鮮な作品を作って欲しいと企業側は思っているわけです。

そう考えると専門学校でゲームを学んでいる段階から自分独自のゲーム企画を考えておかなければなりません。

斬新なアイディアを持っていることを面接で示せば興味を持たれるはずです。

そのためにはやはり現在出ているゲームをひたすらプレイすることが必要になります。

名作のどこがいいのか/愚作のどこが悪いのかということを判断しながら研究していきます。

そうして自分なりに研究を加えて少しでも独創性を鍛えておくことがゲーム業界で活躍していく鍵になるはずです。