ゲーム専門学校の試み

ゲームの勉強をする専門学校では、ゲーム制作の現場で即戦力となる人材を育成しています。

そのために、授業ではプログラミングやJAVAの知識を身につけるだけでなく、その得た知識を利用して、実際にゲームを制作するということが行われています。

ゲーム制作に関する知識ばかりを身につけても、ゲーム制作会社でいざゲームを作ろう!といったときに、何から手をつけていいのか戸惑うでしょう。

しかし、専門学校で実際にゲーム製作を行っていれば、ゲームを作るためにはまず、何をすべきなのかを理解しているので、自然に作業を始めることができるのです。

専門学校では、授業カリキュラムとして、産学共同ゲーム開発プロジェクトを積極的に行っている学校が多く、プロと一緒にゲームを制作したり、自分たちで制作したゲームを商品化して実際に販売することもやっているので、学生時代から社会と密に関わることが出来ます。

例を挙げると、アミューズメントメディア総合学院(AMG)では、こうしたプロジェクトを積極的に行っている専門学校の1つで、「人狼ゲーム」や「インフィニタ・ストラーダ華」といったゲームの開発を行いました。

ゲーム制作がしたくて、専門学校に入学しようと思うなら、産学共同ゲーム開発プロジェクトを積極的に行っている専門学校を選ぶことをオススメします。